米津玄師に届け!「打上花火」歌ってみた!     (遠藤チャンネル シバター 米津玄師 DAOKO 打上花火 歌ってみた アカペラ)

人気商品

遠藤ch

DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

【メールアドレス】
high.necked.64@gmail.com

ハイネックの憂鬱【サブチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCiQhg1PjKrjvx1-0nnfuGpw?view_as=subscriber

アメブロ
https://ameblo.jp/high-necked/

スカイプID→high.necked.5
「ハイネック【オオカミ王国の王】」 
※凸待ちの時に使用しております。

【twitter】
https://twitter.com/HighNecked?lang=ja

【Instagram】
https://www.instagram.com/high666necked/

LINE ID→high.necked.line

【使用楽曲&効果音】

著作権フリーの無料音楽素材ダウンロードサイト
ミュージックノート様
Music-Note.jp
http://www.music-note.jp/

魔王魂様
https://maoudamashii.jokersounds.com/

DOVA-SYNDROME様
https://dova-s.jp/

musmus様
http://musmus.main.jp/

d-elf.com様

【ライセンスフリー無料音楽・歌素材ダウンロードサイト】d-elf.com 新着・人気フリーBGM


「音楽(BGM) : D’elf」

効果音ラボ様
https://soundeffect-lab.info/sound/anime/

効果音素材のポケットサウンド
https://pocket-se.info/

【画像使用】
ぱくたそ様
https://www.pakutaso.com/

いらすとや様
https://www.irasutoya.com/

写真AC様
https://www.photo-ac.com/

CG.foto様
https://cg.foto.ne.jp/free/products_list.php/cPath/22_167

※動画によっては使用してない場合ありますので、よろしくお願いします。

14 Comments

ハイネック【ハゲブログ】

あの日見渡したなぎさを今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

より返す波が足元をよぎり何かをさらう
夕凪のなか日暮れだけが通り過ぎてゆく

パッと光って咲いた花火を見てた
きっとまだ終わらない夏が
曖昧な心を溶かしてつないだ この夜が続いてほしかった

あと何度君と同じ花火を見られるかなって
笑う顔に何ができるだろうか

傷つくこと 喜ぶこと
繰り返す 波と情動 焦燥
最終列車の音

何度でも言葉にして君を呼ぶよ
波間を選び もう一度

もう二度と悲しまずに済むように

はっ、と息を飲めば消えちゃいそうな光が
きっとまだ 胸に住んでいた
手を伸ばせば触れた あったかい未来は密かに2人を見てた

パッ、と花火が
(パッ、花火が)
夜に咲いた
(夜に咲いた)
夜に咲いて
(夜に咲いて)
静かに消えた
(静かに消えた)
離さないで
(離れないで)
もう少しだけ
(もう少しだけ)
もう少しだけ このままで

あの日を見渡したなぎさを今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉
君の後ろ姿

パッ、と光って咲いた
花火を見てた
きっとまだ終わらない夏が
曖昧な心を溶かして繋いだ
この夜が続いてほしかった

la la…

返信する
まやまや

おー
めちゃくちゃ

下手
お母さんも、下手くそって言ってたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

返信する
マカダミアナッツちょこれーと

毎回思うんですが、編集はしないんですか??
最後とか……ね?((

本人は見ないかと…

返信する
ハイネック

あの日見渡したなぎさを今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

より返す波が足元をよぎり何かをさらう
夕凪のなか日暮れだけが通り過ぎてゆく

パッと光って咲いた花火を見てた
きっとまだ終わらない夏が
曖昧な心を溶かしてつないだ この夜が続いてほしかった

あと何度君と同じ花火を見られるかなって
笑う顔に何ができるだろうか

傷つくこと 喜ぶこと
繰り返す 波と情動 焦燥
最終列車の音

何度でも言葉にして君を呼ぶよ
波間を選び もう一度

もう二度と悲しまずに済むように

はっ、と息を飲めば消えちゃいそうな光が
きっとまだ 胸に住んでいた
手を伸ばせば触れた あったかい未来は密かに2人を見てた

パッ、と花火が
(パッ、花火が)
夜に咲いた
(夜に咲いた)
夜に咲いて
(夜に咲いて)
静かに消えた
(静かに消えた)
離さないで
(離れないで)
もう少しだけ
(もう少しだけ)
もう少しだけ このままで

あの日を見渡したなぎさを今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉
君の後ろ姿

パッ、と光って咲いた
花火を見てた
きっとまだ終わらない夏が
曖昧な心を溶かして繋いだ
この夜が続いてほしかった

la la…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA